リボ払いでも借金地獄から抜け出せた人はいますか?

リボ払いでも借金地獄から抜け出せた人はいますか?

キャッシングはリボ払いしない方がいいと言われてましたが、自分はリボ払いで返済しつづけています。でも現実的な話で、リボ払いをしたことで借金地獄に悩まされてる人もいますよね?今は返済に問題ないですが、もしこれからもずっと返済しつづけなくちゃならなかったらって考えると夜も眠れません。。これは自分を安心させたいために聞きたいことなんですが、リボ払いでも借金地獄から抜け出せた人はいますか?

無理せず計画的に返済できれば完済することはできます

まずリボ払いについてですが、キャッシングをリボ払いで返済しているからといって借金地獄に陥るとは限りません。実際にリボ払いで返済していても、無事に完済できた人はいるものです。なので「リボ払いだから」という理由を気にすることはないでしょう。問題なのはキャッシングの返済計画です。

リボ払いは毎月少しずつお金を返済していくという方法ですが、無理な計画を立ててしまうとそれだけで金銭的な負担は増えていきます。反対に計画性に気をつけておけば、リボ払いをしても完済までこぎ着けることはできますよ。リボ払いにも使い方がある、というわけですね。

では、どのようなポイントに注意すれば問題なくリボ払いで完済することができるのでしょうか?先にも少し説明しましたが、第一に無理な計画を立てないということが重要となります。リボ払いは毎月の返済金額を決めることができますから、無理のないようにご自身の金銭面に合わせた金額を設定しておけばいいのです。毎月の支払い金額に無理がなければ、計画的に完済まで向かうことができますよね。

リボ払いで失敗してしまう人の特徴としては、毎月の返済金額の設定に何らかの問題があるなど計画性が曖昧になってしまっていることが考えられます。これでは借金地獄に陥る原因を自分自身で作り出してしまっていることになるので、返済をしていて少しでも不安を感じたら、リボ払いの金額設定を変えてみることをおすすめします。

リボ払いは支払い金額を変更することもできるサービスです。今の返済金額では完済できるか心配・・・という場合には、毎月の返済金額を少なくして負担を減らすようにしましょう。完済までの期間は長くなってしまいますが、返済することができなくなっているならまずは計画を立て直すことが必要です。

また、キャッシングの借り入れ段階から注意しておくべき点としては、「長期的にリボ払いをしても無事に完済できる金額を借りること」ですね。リボ払いは利息も高くなりますから、利息のこともあらかじめ考えた上で借り入れをすることが大切です。返済計画を立てるということは、利息のことまでしっかり考えておくことが重要ということでもありますので、結果的にどのくらいの利息を支払わなければならないのか、リボ払いをした時の状況をあらかじめ計算してからキャッシングを利用しましょう。

リボ払いによる返済がいつまでも終わらず地獄というのは本当か

たまに、リボ払いでの支払いは地獄のようだという意見が聞かれることがあります。そういった意見において、なぜ大変なのかという理由に挙げられるものは、金利が高く、返済金額がほとんど利息なので、返済し続けても一向に元金が減らず、いつまでも返すことになるからというものが多いです。では、こういった理由は事実なのでしょうか。まず、金利が高いという点ですが、特別高いということはありません。

というのは、金利については法律で決められている数値があるので、合法的な業者であればその数値を超えた金利を設定することは出来ないからです。たとえば、キャッシングの金利の場合、融資額が100万円未満であれば18パーセントが上限です。リボ払いの金利も、この数値を超えることはありません。回数の少ない分割払いに比べれば支払う利息は高くなる可能性がありますが、リボ払いだけ、特別金利が高いということはないのです。

返済金額のほとんどが利息で元金が減らないという点ですが、返済金額における利息の割合が一回払いや分割払いと比べると高いというのは事実です。しかし、元金もちゃんと返済金額に含まれるので、返済を続けていけば確実に元金もなくなっていって、ちゃんと完済出来ます。では、なぜ支払いが大変だと言われるのかというと、カードでの買い物をすべてリボ払いにした場合、利息の支払いがかなり多くなってしまうからです。

なので、現金で払える場合は現金で、一回払いで払えるなら一回払い、一回払いは大変なので何度かに分けて返済したいという場合はリボ払いという風に使い分ければ、非常に便利に利用することが出来ます。
欲しい物があったら、まず、自分のこれからの収入を考えて、適切な支払い方法を選ぶようにするといいでしょう。クレジットカードによっては、返済方法がリボ払いに固定されているというものもあるので、支払い方法を使い分けたい場合は、支払い方法を選べるカードを持つようにするといいでしょう。